うみのクラシック部屋

クラシックをもっと知りたくなった、勉強したくなったあなたのためのブログ。

コロナと震災とショパンと・・・

日に日にコロナの感染が広がってきて、ついには春の高校選抜野球も中止になってしまいました。

いつになったらレッスン再開できるんだろう・・・。
早く生徒たちに会いたいな・・・(´;ω;`)


そういえば私が中学生の頃には新型インフルエンザが流行って修学旅行が中止になったりしていました。

私の学校では中止にはならなかったものの行き先が変更になりましたね・・・
京都に新型インフルエンザが上陸してしまって、京都に行けなかったんですよ。

それ以来タイミングを逃して一度も京都に行ったことがありません。
ずっと行ってみたいとは思ってるんですけどなかなか・・・


そして今日、3月11日は東日本大震災から9年の節目でした。
私の知り合いには直接被災した、という人はいないのですが、まだまだ不自由な生活を余儀なくされている人もたくさんいるのですよね・・・。


一日も早いコロナの終息と、震災からの復興を願っております。

今日の音源

みんなが不安な時だからこそ、きっと音楽が力になると信じて!
今日はちょっと珍しい音源をひとつ。

Chopin: Nocturne No. 20, Neveu & Seidler-Winkler (1938) ショパン 夜想曲第20番 ヌヴー&ザイドラー=ヴィンクラー

ショパンのノクターン第20番「遺作」をヴァイオリンで演奏しています。
もともとピアノの曲ですが、ヴァイオリンで聴くのもまた違う雰囲気を味わえて良いですね!

実は私、その昔、「遺作」っていうからショパンが亡くなる直前に作った曲なのかな、と勘違いをしておりました・・・💦
作曲されたのは1830年、ショパンが20歳ごろのこと。
姉のルドヴィカが、ピアノ協奏曲2番を練習するときのために書かれた曲だそうです。

コンサートのお知らせ

blog.piano-mi66.me