うみのクラシック部屋

クラシックをもっと知りたくなった、勉強したくなったあなたのためのブログ。

学校の休校・習い事の休講中でも自宅学習できるように工夫している先生たちがすごい!!

休校がいまだに続く中…

横浜市では、まだ学校の休校が続いています。
もう1ヶ月近く学校に行かない期間が続く中、自宅での過ごし方に苦慮されている保護者も多いようです。

習い事もお休みにしているところが多いです。
私もそのひとりなのでたまにお電話で様子を伺っていますが、家でダラダラしてしまうとの声も😅

時間がある時ほどダラダラしてしまう、というのはものすごく気持ちはわかりますが…!! でもこんな時ほど自宅での学習の習慣をつけるチャンスだと!💪
今回は時間がなくて練習できなかったーなんて言い訳は通用しないぞ~😏キラリ
なんて自分の生徒には言ってみるわけです😁

自宅でいかに学習をするか…

とはいえ、自宅での学習の習慣をつけるというのは、口で言うほどには簡単にはいかない話。

前にもそんな記事を書きましたね。

参照 blog.piano-mi66.me

ピアノの学習でもお勉強でも、そこはきっと同じだと思います。

しかも、今までは学校の授業なり習い事の時間なり、嫌でも学習をする時間があったのに今はそれすらもない…。
放っておけば学習の時間自体がゼロになってしまってもおかしくはないんですよね。

先生たちのさまざまな工夫

そんな中でも世の先生たちは、お休みの間も自宅で学習してもらうためにさまざまな方法を駆使しているようですよ!
こんなイレギュラーな事態の中でも生徒たちのためになるように、とさまざまに努力なさっているのが本当にすごい!!✨

実際に生徒たちに会えない分、インターネットなども駆使して自宅で学習できるような環境を整えている先生が多いようですね。 以下にまとめてみました。

先生たちの試み まとめ

  • ブログで模擬授業を毎日配信する。

→普段の授業時間帯と同じ時間に配信することで、いつもの生活ペースと同じままで学習ができそうです。

  • プリントを作成し、家庭訪問をして配布する。

→休校の影響で未履修の内容についても、教科書を見ながら取り組めるようプリントを作成することで、自宅での学習を可能に。 家庭訪問をすることで、コミュニケーションも図れそうですね。

  • タブレット端末を配布して、アプリで課題を配信。

→生徒一人一人に端末を配布している…最近そんな試みがたくさんあるようですね! 課題の提出時間を決めて、担任が添削を行っているとのことで、しっかり勉強の習慣がつけられそうです。

  • 動画で授業を行う。

→学校の先生では、オンラインの会議システムを使って学活を行ったり、課題に関しての質問を受け付けたりしているようです。 音楽教室の先生でも、演奏の様子を動画でとって送ってもらい、アドバイスをまた動画にとって返信する、などしている先生もいるみたいですね!

自宅学習のためのポイント

これらの取り組みを見て共通しているなと思うのは、子どもたちが学習しやすい環境をどのように周りの大人が作ってあげるか、ということでしょうか。

私が今まで教えてきた経験上、周りの大人が何も言わなくても子どもが自分から進んで学習するというのはほぼ不可能だと思っています。

何も言わなくても自分からやるときというのは、そのことに対して、その子自身によっぽど興味とやる気があった時だけだと・・・。
だから私もいかに興味の芽を出させるかということを注視してレッスンを行っているわけです。

今回紹介した試みの中には、いつもの授業時間に課題を配信したり、提出時間を決めたり、時間を決めているものが多く見られました。
やる時間を何時から、と決めるのはやっぱりかなり効果があるんだろうなと感じました!

まとめ

子ども自身に興味をもってもらって、やりたいと思ってもらうこと。
周りの大人が工夫して学習しやすい環境を作ってあげること。

こんな大変な状況下でもさまざまな方法を使って環境を整えようとしている先生がたくさんいらっしゃって本当に尊敬です✨

コンサートのお知らせ 

blog.piano-mi66.me