ピアノ弾きのつれづれ日記

横浜市緑区を拠点にする、ピアニストでピアノ講師、内田瑞穂のブログ。

コロナショックでの、芸術文化に対する補償についてのニュースを見て

今日の横浜では昨日の荒天もすっかり落ち着きました。
桜はすっかり散ってしまいましたが、近くの公園ではチューリップがきれいに咲いていました。
f:id:mizuHo:20200419172525j:plain


今日は、最近のニュースを見ながら思ったことをちょっと書き連ねていくのでお付き合いください。
私の個人的な見解になること、ご容赦くださいませ・・・。
ただ、このままじゃ自粛ムードが明けた時に日本の芸術文化が廃れてました、なんてことになりかねないなと感じてしまったので、今日は記事にしてみました。

ニュースを見て思うこと

最近コロナでの休業補償や政府の対応について毎日のようにニュースで取り上げられていますね。
今日の朝日新聞で、海外の補償の内容についても記事になっていました。

私もコロナのショックで仕事に影響が出ているうちの一人とはいえ、別に補償の金額とか中身についてとやかく言うつもりはありません。
ウイルスを完全に封じ込めるには、みんなが何かしらを少しずつ我慢するしかないと思っています。
ただ、このコロナのことがなくても、日本って芸術文化を守っていこうという意識は低い国なのかなあ~というのは常々感じていたことであって。


前にも記事にしましたが、昨年オーストリアに行ったときに、「あ、芸術文化が根付いているってこういうことなのね。」と思ったわけです。
blog.piano-mi66.me
blog.piano-mi66.me

向こうではちょっと道を歩けば誰かが音楽を奏でていて、毎日のように教会やコンサートホールなどで演奏会が開かれている。
それを観光客にも門戸を開いて、観光名所では「今日の夜コンサートあるんだけど、どう?どう??」と呼び込みをかけているわけです。
まあしつこく誘ってくる人とかしつこくチップを迫ってくる人には辟易したけど・・・💦

なかなか押しの強い人はさておいて、そんな人たちの姿や表情を見ていると、みんな心から音楽を楽しんで、自信をもって披露しているんだな、ということが伝わってきます。
嫌々売り込みをかけているとか生活のためにしかたなく・・・なんてことはなく、どこぞの漫画のセリフよろしく「俺の音楽をきけ!!」みたいな(笑)


オーストリアから帰ってきてだいぶ時間がたった今でも、思い出されるのはそんな人たちの笑顔や自信に満ちた表情なんです。
自分たちの音楽文化というものに、いままで自分の音楽を磨き上げるために積み重ねてきた努力に、心から誇りをもっているからこそそんな表情ができるんだろうな、と感じました。
(実際は生活のため、って側面も多分にあるんだろうけどそれを見せないのも心から楽しんでいる証拠かな、と思います。)



こんなふうに日本でも、音楽というものを文化として根付かせたい!と思ったのが私が演奏活動に重きをおいて活動しようと決意したきっかけでもあるわけですが、、、
もちろんクラシック音楽というものが日本に根付いていないのは仕方がないです。
そもそも日本古来の文化ではないし、織田信長の時代にキリスト教などと一緒に日本に入ってきたとはいっても、本当に日本でクラシック音楽というものが聞かれるようになったのはここ100年余りのこと。
音楽文化を何百年と継承してきたヨーロッパとは雲泥の差ですからね。


ただ、日本固有の文化も日本に本当に根付いているの?と聞かれると素直に首を縦には振れないよなあ、と思うのが正直なところです。
着物なんてめったに街中で見ないし、ちょっと歩けば日本の文化芸能を見られるなんてこともなく。

もちろんそこに携わっている人達は、その文化に誇りをもって、並々ならぬ努力と時間を費やして継承してきているはずなのに、それが日本という国の誇りだと、心から思っている人が一体どれだけいるんだろう…?
そんなことに疑問ばかり生まれてしまいます。


日本でも休業補償とかフリーランスの支援、とかいろいろ支援策が出てきていますが、「アーティストは今の自分たちに欠かせない」と言い切って大規模な支援策を打ち出したドイツを始め、ヨーロッパ諸国の芸術文化を守ろうとする気概のようなものは、日本の政策からは見えてこないなあ、と思います。


最初にも言いましたが、別に中身に対して文句を言いたいわけじゃない。
ただ、これから日本にもっと音楽を広めたい、根付かせたい、と思っている一アーティストとして、芸術をあきらめなければいけなくなる人がたくさん出てしまいそうなこの状況に、ちょっと黙っていられなくなってしまいました。


私も、演奏活動としては今はあまり身動きが取れない状況ですが、今まで以上に努力は重ねているところなので、早くコロナが収束して、通常通りに戻せるようになることを心から願っています!


最後までお付き合いいただきありがとうございました!
少しでも共感してくださった方がいたら、下までスクロールしてブログ村のランキングバナーを一回ぽちっと押していってくれると嬉しいです(⌒∇⌒)